すべては「Well Being」のために

1995年に自由が丘でスタートした自由が丘クリニックは、私自身が言うのもなんですが、とても高い理想を持った美容クリニックだと思います。
30年近く、美容業界の常識を疑い、常に独自の進化を遂げてきました。
JCグループの特徴はたくさんありますが、一番の大元は理念「Well Being=豊かな人生」から発生する、美容への向き合い方をとても大切にしているということです。他の真似をせず、徹底して自分たちの理想と向き合い、上質な医療とサービスを提供し続けてきた結果、JCグループはどんどんと発展をしてきました。

それは例えば、1万人を超えた会員組織の「自由が丘倶楽部」、北里大学北里研究所病院との連携で生まれた「KJC北里美容医学センター」、アジア最大級のドラッグストア「Watsons」でのJCブランドの化粧品販売開始、世界各地の国際学会での講演や医学書の執筆など、国内外へとJCグループの活動は広がっています。
こうした活動に共感いただいた全国トップクラスの医師が、自由が丘クリニックで働きたいと集まっていただき、さらに看護師をはじめ、熱意のあるスタッフが集まることで、好循環の人の輪が育っていると思います。
そうした仲間たちに共通して言えるのは、「美容へ真摯に向き合うプロフェッショナル」ということです。

私はこれまでたくさんの患者さんを診察してきましたが、どの方も皆、生き生きと人生を謳歌しており、魅力に溢れています。 一度きりの人生、楽しんだもの勝ちではないでしょうか。
この想いは共に働く仲間も同じ。
仕事も成長を目指して生き生きと楽しく働いてもらいたいと考えています。一人ひとりが自分の個性を自覚し、期待されていることを理解し、適材適所で活躍し、輝いている。
そんなJCグループを目指しています。

美容クリニックも化粧品メーカーもたくさん増えてきました。
その中で、いかにオンリーワンになれるか。これからもJCグループは「自由が丘クリニック」でなければできないことを追求していきます。
この挑戦に参加したい方、是非一度ご応募ください。
一緒に「Well Being」を追求していきましょう。
自由が丘クリニック理事長 古山 登隆

プロフィール

PROFILE
日本の大学病院における“美容外科”を本格的にスタートさせ、美容医療をリードしてきた業界のパイオニア的存在。
“メスを使わない若返り治療”を得意とし、特にボトックスやヒアルロン酸注入、糸によるたるみ治療は国際的にも高い評価を得ており、注入指導医のヘッド・ファカルティとして国内外の美容医療の発展に貢献している。
2020年3月、最新著書『解剖から学ぶヒアルロン酸注入療法』が、メディカルレビュー社より出版。
国立千葉大学 医学部形成外科 非常勤講師。

ENTRY

「美しさ」のその先へ、
私たちと共に。